純正ユニットを替えるときは、後付け感をなくしたい

 

友人や知人の車に感化されとうとう本革シートを導入する事に本格的に車に乗り出した頃は、そもそも経済力さえ伴っていなかった事もあり、正直本革シートの良さを理解する事が出来ませんでした。
どんなに汚れ易く劣化の進み具合が早くとも、購入時の布シートだけで十分に事足りる、ちょっと劣化が酷くなったらその時に改めて考えるか、その頃にはちょうど車自体が買い替え時だろうし、気にするだけ無駄… とさえ考えていたものです。
ただ周囲の車好きの友人や知人のドライブに付き合っているうちに、だんだん本革シートの良さも理解出来る様になったもの。ひんやりと滑らかな質感や肌触りの良さ、そして何より車内に入った瞬間車内から醸し出される、何とも言えない上品な感覚が私の強い関心と興味を生んだのです。
そして1ヶ月前に買い替えた新車のコンパクトに、とうとう本革シートを導入する事となりました。ディーラー純正の比較的安価なタイプですが、それでも私にとっては初めての導入であり、十分なグレード。今後訪れるであろう様々なドライブで感じる本革のフィーリングが楽しみです。

液体濡れも簡単にフォロー出来る本革シートの便利さ私が新車への買い替え時にオプションでわざわざ本革シートをチョイスした理由として、本革が持つ高級感以上に、その感触や座り心地に大きな魅力を感じたからでした。
これまで乗ってきた車のシートはいずれもフルノーマル。シートの質感や性能がドライブ中の居住性に与える影響等微々たるものだろうと高をくくっていたのですが、近年はロングドライブの機会も増え、だんだんその欠点を強く感じられる様になってきたのです。
特に強く感じた欠点として、やはり水や液体濡れに弱く、少し放置しておけば簡単に染みとなって残ってしまい易い事が挙げられます。
アウトドアを含め、結構アウターの表面を濡らしたままで運転席に収まるケースが多く、気が付けばかなりの水がシートに染み込んでしまっていて、しまったと思うパターンも多いのです。
ある程度丈夫な本革シートであれば水や液体を弾いてくれますから、拭き取りも大変楽。最近はあえてそれらのシートの上に、アウトドア専用のカバーを掛けてから運転に入るケースが多くなりましたが、そういった余裕が出てきてからむしろ本革の高級感を感じる余裕が出てきて、益々気に入ってしまいました。

 

PR|看護師 転職看護師求人ランキングネットショップ 開業海外バイナリーオプションエステサロンFX 為替看護師求人育毛剤全身脱毛Page Rank KING人気サイト東京 クルージングJALカードSEOアクセスアップ相互リンク集超SEO対策看護師 募集FX 自動売買ソフト副業ランキングハシエンダ自動相互リンクパイルバンカー即時登録リンク集グレートウォール相互リンク集オラトリオ自動登録リンク集