アンプなどを使わないといい音でない

ドアにスピーカー取り付けの時デッドニングすれば音よくなるとされてますが、すべてそうではないと思っています。
確かに正しく作業したものとそうでないものは明らかに効果の違いが出てきますが、
間違ったデットニングは意味ないどころかかえってバランス取れた音が出なくなるのです。
ドアのサービスホールだけ防振マットふさいでいたり、ドアの外板裏ちょっとだけ張っていたり、
スポンジのような吸音材張っていたり、雑誌の掲載記事など何も知らない素人作業が多くて、これではまともなものとならないです。
そしてほかの店のプロショップでも間違いのデッドニングよくっますが、音の判断例で中低音自然に出なかったり
ウーハーとつながらなかったりアンプパワーぶち込まなくては音の透明感でなかったりなどあります。
これはデッドニング間違いか効果ない材料取り付けにより、制振剤張ったからといって効果出るとは言えません。
そして、経験長いプロに任すしかないでしょう。オーディオ知識、本物の音を知らないショップだとマネは是隊できません。