買損となってしまうこと

カーオーディオを楽しむときに普段感じてることを書いてみます。
カーオーディオはとても面白いものですが、単純に取りつけてはせっかくのオーディオも買損となります。
純正オーディオも自動車メーカーの専門家たちが生産コストなどたたかいながらそれなり研究し装着してるのですが、
制約ある以上バランス取れたおと難しくてスピーカーがただついてるといった車が多い状況。
そして純正オーディオ0はいい音が出ないといったことではないです。
そこそこの音引っ張ることできます。そして、音で悪いところ見つけ出してそこを正してあげましょう。
高音でないのならツィターを足してみたりします。低温なら補正回路組修正します。
またはウーハー追加するといった方法で今まで純正で出せないサウンド出せるのです。
ですが、これをするのはかなりノウハウが必要で、純正のいいところ、悪いところ見つけ出す技量がなくてはできません。
そして、カーオーディオは家で聞けない音量、緻密な音聞けて、わずかな時間移動空間でも音楽が心リラックスさせてくれるのです。