初めてのカーオーディオ交換

大学生の頃、親から借りた20系プリウスを毎日乗り回していました。
20系プリウスの純正オーディオはJBL仕様で機能、音質は悪くは無かったんですが、
USBやAUXから音源を取り込めない、使わないMDスロットがある、イコライザが無い
など、乗ってるうちに物足りなく感じました。
ある日、偶然立ち寄ったカー用品店で、プリウス20系専用のオーディオアダプタ(ビートソニック社製)がセールで売られていました。これを良い機会と思い、オーディオデッキ交換、スピーカー交換に挑戦しました。

20系のプリウスは、純正オーディオしか使えない設計で、社外デッキを入れるために配線をごまかす必要はありました。詳しく配線方法が書いてあったみんカラに感謝してます。

夏の大学の駐車場で友達と汗水垂らしながら頑張ってましたね。
なかなか内装が取れず、内装の留め具を壊しちゃったりもしました。
内装を戻すときに上手くはめられなかったり。

色々苦労して取り付けが終わり、動作確認をしました。今までにない迫力でオーディオが鳴って感動しましたね、こんなに違うんだって。(オーディオ交換の苦労で補正されてたかもしれません)特に低音がハッキリ聞こえたことに驚きました。

カーオーディオの心配ごとは、
配線が内部でショートを起こしてないかが心配でした。ドアにつけたスピーカーに雨水が入らないかも心配してましたが、杞憂に終わりました。

ドライブを快適に楽しむに、やっぱり今流行のオーディオをいれる必要あるかなって思います。
純正オーディオだと、車購入時は使いやすいと思います。
しかし、年数が経つにつれ使われなくなる機能が増えてきます。MDスロットとかCDディスクチェンジャーとか。そして新しい規格が主流になるので、いつまでも古いままだと少し損してる気がしますね。