カーオーディオ入門としておすすめな「デッドニング」

ほとんどのホームオーディオのスピーカーは、しっかりとした固い「箱」にスピーカーが付いています。この箱はエンクロージャーと言い、しっかりとした音を出すために必要なものです。
音質を求めるスピーカーは、この箱はある程度の固さを持ち音響的に優れた特性を持つ木で作られています。高価なスピーカーでは音響特性を求めるために希少な木材が使わているほど、重要な素材です。

一方カーオーディオのスピーカーは、ほとんどの車種の純正スピーカーはドアに設置されています。この場合エンクロージャーに当たるものはドアの内張りと鉄板です。
鉄板と言うと硬いようですが、衝突安全性の観点や加工性からある程度の柔らかさを持っており、また音響特性を特に考慮していない材質・形状となっているため、純正状態では安価なホームオーディオスピーカーと比べてひどく劣悪な設置状態になっています。
特に1枚のドア面積が大きな2ドアクーペなどではドア鉄板も曲がりやすく、柔らかい箱にスピーカーが付いた状態になっています。

カーオーディオのスピーカー設置環境を改善する方法の一つとしてメジャーなのが、「デッドニング」です。
専用の制振材をドア鉄板の内側やドア内張りに貼ることで、ドア=エンクロージャーの振動を「殺して」補強し、しっかりとした音を出せるよう環境改善を行ないます。

デッドニングはカーオーディオ専門店で依頼すると熟練したプロがしっかりとしたデッドニング作業をしてくれます。
この方法もお勧めですが、ここはDIYでセルフ施工をお勧めします。
理由は、専門店での施工は確かにクオリティが高いですが、金額も高価なこと。
デッドニングはセルフでもできますが、オーディオ機器はお金がないと高級なものは買えませんので、その差額は機器につぎ込みたいですよね。
また自分で作業することで、ドアスピーカー周りの状況を見ることが出来ます。この先でドアスピーカーやスピーカーケーブルのアップグレードを検討する場合に、愛車の現状を見ておくと今後のためになります。
そして何より愛着が沸きます!

デッドニング用制振材は単体でも売っていますが、「デッドニングセット」として必要なものが一纏めになって売られてもいます。このセットには作業用工具や説明書も付属しているため、初心者の方はこちらを購入して作業するのがおすすめです。

ドア内張りの外し方は、整備ディーラーで整備マニュアルを借りるか、最近では同じ車に乗る方がネットのファンサイトで整備手順を写真や動画つきで公開してくれていることが多いのでそれを参考にしましょう。

作業はほど良く暖かい季節の日中に行なうのがお勧めです。
制振材をドアに貼る際、ゴムを使用した制振材はある程度暖かいほうが可塑性や接着性が上がるため、寒いと逆に作業性が下がってしまいます。
どうしても寒い時期に行なう場合は、ドライヤーが使える環境で実施するのがよいでしょう。
(かと言って、真夏の炎天下での作業は作業者が参ってしまいますので注意が必要です…)

作業後は特に大音量時の低音の出具合に大きな効果が出ます。スピーカーの背面から出る圧力が上手く吸収され悪影響を与えなくなるため、しっかりとした重低音が出ます。
また、大音量時の変な振動や共鳴・ビビリ音も抑えられているはずです。(もし逆にビビリ音が新たに発生するようになってしまった場合は、不完全なデッドニングが原因の可能性があるため、再確認が必要です。)

そして副次的な効果として、車外からの騒音・雑音が遮断されるため車内の静粛性が上がり、低音量時でも明瞭に音が聞こえるようになります。
この効果も恩恵が非常に高いです。
ただしこれは求めすぎると、スピーカー設置していないドアや天井・フロアまで制振することになります。効果はあると思いますがコスト増や車両重量増にもなりますので、どこまでやるかは要検討です。

というように、カーオーディオを楽しむ上でのベース環境の改善となり効果の高いデッドニング。
比較的安価で自分でできる作業ですので、カーオーディオ登竜門としてぜひ挑戦してみてはいかがでしょう!