カーオーディオを購入した思い出

現在は、コンポ同様、カーオーディオもUSB接続やBluetoothを使って、アンプを通してスピーカーから音を出すということも珍しくなくなりました。しかし、カーオーディオといえば、CDやMD等の挿入する世代の私には、あまりピンときません。勿論、DVDの再生までは、まだ時代に付いていけたと思うのですけどね。現在は、ナビと一緒になっているタイプのカーオーディオが圧倒的ですが、かつては、1DINタイプが主流であり、2DINだとハイクラスと言われていました。そもそも昔は、AM/FMチューナーのみかそれにカセットが付いている時代でしたから、1DINしかなかったのでした。2DINになると、スペースの広さもあり、CDとMDの一体式やナビとCDの一体式も数多く販売され、手頃な価格で販売されました。しかし、こだわる人間は、2DINなのに1DINCD,1DINMDにしたものです。自分は、1DINでありながら、CDとMDが一体式になった社外品のカーオーディオを購入した思い出があります。当時は、現在と違って社外品のカーオーディオを付ける人も多く、また、ブランドやグレードにもこだわっている人が多かったように思います。勿論、車や色々なドレスアップ等も今と比べたら、注目する人が多かったように思いますね。